oakley好きにおすすめ oakley,スキー,スノボー,スノボーサングラス,サングラス,スノーボード,ウィンタースポーツに最適, サングラス,【関連ワード】,ナイキ,オークリー,スワンズ,スポルディング,タレックス 偏光,好きにオススメ,釣り,川釣り,海釣り,バス釣り,サイクリング,ジョギング サングラス,野球 サングラス,偏光レンズ, 品名 COLEMANサングラスシリーズ 仕様 素材: レンズ素材:プラスチック その他素材:プラスチック レンズカラー&可視光線透過率 ■3067-3:スモーク(偏光レンズ仕様)・15% ■3067-2:ブラウン(偏光レンズ仕様)・15% ■2028-2:ブラウン・15% ■2028-1:グレーグリーン・15% ■3061-1:スモーク(偏光レンズ仕様)・20% ■3049-3:グレーグリーン(偏光レンズ仕様)・15% ■3024-1:スモーク(偏光レンズ仕様)・約20% ■3033-3:スモークグリーン(偏光レンズ仕様)・15% ■3033-1:スモーク(偏光レンズ仕様)・15% ■2022-1:スモーク・20% ■3017-2:ブラウン(偏光レンズ仕様)・20% ■3017-1:スモーク(偏光レンズ仕様)・20% サイズ ■3067-3:ブラック×シルバー 全長:145mm レンズ:60×36.5mm ■■■■■■■■■■■■■■ ■3067-2:ブラック×レッド 全長:145mm レンズ:60×36.5mm ■■■■■■■■■■■■■■ ■2028-2: 全長:140mm レンズ:60×37.5mm ■■■■■■■■■■■■■■ ■2028-1:グレーグリーン・15% 全長:140mm レンズ:60×37.5mm ■■■■■■■■■■■■■■ ■3061-1:スモーク(偏光レンズ仕様)・20% 全長:mm レンズ:×mm ■■■■■■■■■■■■■■ ■3049-3: 全長:140mm レンズ:60×37mm ■■■■■■■■■■■■■■ ■3024-1: 全長:140mm レンズ:60×33mm ■■■■■■■■■■■■■■ ■3033-3: 全長:140mm レンズ:61×35mm ■■■■■■■■■■■■■■ ■3033-1: 全長:140mm レンズ:61×35mm ■■■■■■■■■■■■■■ ■2022-1: 全長:140mm レンズ:63×35mm ■■■■■■■■■■■■■■ ■3017-2: 全長:140mm レンズ:58×35mm ■■■■■■■■■■■■■■ ■3017-1: 全長:140mm レンズ:58×35mm ■■■■■■■■■■■■■■ コールマン サングラス[Coleman Sunglasses] コールマン(Coleman)はアメリカ合衆国のキャンプ用品の製造・販売で大変有名です。

創業者のW.C.コールマンが最初のランプを手にしたのは1899年のこと。

翌年彼はのちのコールマン社となる「ハイドロカーボン・ライト・カンパニー」を設立する。

当初はガソリン式ランプを専門に扱っていたが、電灯が普及するようになると屋外でも使えるガソリン式ランタンの製造に力を入れ始める。

当初これは牛小屋・馬小屋などで使われた。

これらの製品はアメリカ軍にも納入された。

1914年には「アーク・ランタン」を開発。

「真夜中の太陽」ともいわれた、全天候型の屋外用ランタンで、特徴は何よりもこれまでにない明るさだった。

その後もランタン、ストーブに加え着手したのが石油式の室内暖房器具と床下暖房システムの開発で1930年代の終わりには、コールマン(Coleman)はこの分野で最大のメーカーとなった。

また、2度の大戦を経てより豊かで幸福な生活を願うようになった人々へ、スチールベルトクーラー、LPガスストーブ、テントやスリーピングバッグなどを発表、新しいレジャーの担い手として人々に自然の中で過ごす素晴らしさ、アウトドアを伝えていきました。

また1976年日本にもコールマンが上陸し、本格的なキャンプ文化が歩みを始めます。

日本においてはキャンプやアウトドアに対する環境も独自のものがあり、コールマンジャパンは試行錯誤を繰り返しながら「マスターシリーズ」など、日本オリジナルのラインナップのキャンプ用品・アウトドア用品を充実させ、ランタン、LEDランタン、テント、バーベキューセット、寝袋、リュックサック、バッグ、クーラーボックス、自転車・・・などこの分野で屈指のブランド力を持ち続けています。

レビュー件数34
レビュー平均4.26
ショップ メガネサングラスのDOURAKU
税込価格 2,484円